JFL

J2直下にあたるJFLに昇格した、
岡山のサッカーチーム、ファジアーノ
ファジアーノは雉(キジ)という意味のイタリア語。)


見込まれる運営費2億円が集められなくて困っているらしい。


スポンサーが見つからないなんてことはとても想像できないような、
立派なスタジアムがあるんだけど、
いやはや、悲しいお知らせで。


岡山にはこの他にも再来年だかに、
独立リーグ参戦を目論んでいる野球チーム計画もあるらしいのだけど、
こんな話を聞かされると、岡山経済には、
サッカーと野球両方のチームを抱えることなんて、
とてもできないんじゃないかという気しかしない訳で。


地方独立リーグへの参加で当面の目的は果たされる野球はともかく、
Jを目指すファジアーノとは、
どんなレベルの成績を残すチームを目指しているのか。
全力出しても勝てなくて当たり前な世界なんだろうけど…。


例えば本場欧州各国のサッカーリーグでも、
本拠地の人口規模とチームの恒常的な強さには、
素人目にも分かる程度の相関があると思うのだけど、
岡山という地域にあるチームがはたして、
その意味においてどういったレベルを目指すべきなのか、
客観的にはっきりさせる方法なんてないのかな。


ファジアーノのホームページリンク