ドゥカティ・パニガーレ

25日の昼間、10分間のドライブで登場した、

 

 

登場タイミング・地点の訝しいカルトナンバーをリストアップ。

 

 

①平成31年4月25日13時31分01秒

ハイゼットカーゴ 白 岡山480 す 8858

f:id:Arktorous:20190426220708j:plain

この8858は2日連続での遭遇。

この8858には、前日にも、

 

画像の地点から数百メートル西の地点で遭遇している。

 

同交差点付近のカルトナンバー必発(必ず出現すること)記録更新。

 

この画像の地点から画像手前側にたった数百メートルの狭い狭い区間で、

 

4桁中3桁同数字のナンバーに出会わなかった日の方が珍しい。

 

 

②4月25日13時38分18秒

カローラフィールダー 白 岡山ナンバー 6166

f:id:Arktorous:20190426221458j:plain

6166のカローラ

 

当方が直進しようとしているにもかかわらず、

 

停止しようとしなかった白カローラ

 

この地点の数十メートル南に、

 

別の6166が常時駐車している空き地利用駐車場が存在する点、

死角から、当方の進行方向を妨害するタイミングで突っ込んできた点、

 

ここが当方の目的地にごく近く、

 

油断しやすい地点である点などから、

 

訝しめるだけ訝しめる存在となった。

 

 

 

ーーーー〇ー〇ー〇ーーーー

 

 

 

以下は、同日の夜、帰宅時の登場カルトナンバーリスト。(同夜の遭遇車輌総数は7台。うち、以下の4台もがカルトナンバー。)

 

①4月25日23時33分21秒

黒の軽 倉敷569 と ・・・8 一桁ナンバー

f:id:Arktorous:20190426223755j:plain

最初遭遇車両が一桁ナンバー

 

同夜最初の遭遇車両が、いきなり一桁ナンバー。

 

1台程度1桁ナンバーに遭遇したところで特に訝しみもしないのが常だが、

 

今回は、10秒程度のちにもう1台同じナンバー8が現れたことにより、

 

記録にとどめるべき範疇へと格上げ()となった。

 

 

②4月25日23時33分30秒

 軽自動車 シルバー ナンバー414

f:id:Arktorous:20190426224128j:plain

挟みナンバーの軽

ほんの十数秒の間の、3台のカルトナンバーとの遭遇。

 

後続に映っているのが、同夜2台目のナンバー8。

 

その2台目のナンバー8により、直前先行の、この414も訝しさが増す。

 

 

③4月25日23時33分31秒 (②の1秒後)

セダンかステーションワゴン 白 ナンバー8(光るナンバープレート)

f:id:Arktorous:20190426224449j:plain

ナンバー8の白い車

 

この時間帯に、100m圏内に2台も、

 

同じ数字の一桁ナンバーが同時存在すること自体、

 

強制尾行臭いことこの上ない。

 

 

 

④4月25日23時34分59秒

軽トラ 白 岡山480せ1199 荷台に緑のテント布?

f:id:Arktorous:20190426224649j:plain

1199

 

右方の軽トラがナンバー1199。れっきとしたカルトナンバー。

 

しかもこのナンバー「1199」を、

 

グーグルで検索して画像タブをクリックすると、

 

ドゥカティ・パニガーレという、

 

赤いスーパーバイクの画像ばかりが表示される。

 

日頃の、赤色の車両によるアンカリングの一環であると訝しめる。

 

 

 

 

ただ、同日は、何日ぶりか分からない、

 

訝しい赤い車と遭遇しない日となった。