異常なほどの笑顔

①令和元年5月20日11時13分

アクア 赤 岡山502  せ  4266


f:id:Arktorous:20190520120143j:image

 

    自宅前にアンカリング色兼アンカリング車種たる、

 

 

赤いアクア登場。

 

②令和元年5月20日13時34分17秒

ノート 赤 岡山531 む 902

f:id:Arktorous:20190520225919j:plain

902の赤いノート

 

    仕事場に向かう道中、

 

お約束の場所で、

 

お約束の赤い車。

 

 

 毎日のエンジン始動地点から200m圏内、

 

1分以内における、

 

赤い車との遭遇率は尋常ではない。

 

 

③令和元年5月20日13時34分40秒

ホンダ 軽トラ 白 岡山41 ゆ 7799(カルトナンバー)

f:id:Arktorous:20190520230546j:plain

7799の白い軽トラ(ホンダ)

 

 毎日車を始動する地点から400m圏内、

 

2分圏内の100%地点における、

 

カルトナンバーとの連続遭遇記録更新。

 

 

    この地点までの、

 

遭遇車総数は、

 

いつも5台前後。

 

 

 

 

 その5台程度の中に、

 

完全に毎日、

 

赤い車かカルトナンバー、

 

ググると赤と関わりのあるナンバー、

 

いずれかが含まれている訳である。

 

 

④令和元年5月20日13時35分11秒

CH-R 黒 岡山354 や ・999 (カルトナンバー)

f:id:Arktorous:20190520230244j:plain

999のCH-R

 横断したくて待っている、

 

自転車のお年寄りがいるにもかかわらず、

 

完全に無視して、

 

気味の悪い満面の笑みをたたえて右折してきたカルトナンバー。

 

 

 女性ドライバーが、

 

視界に入っている間中、

 

異常なほどの笑顔を見せていた。

 

 

 このあと、

 

国道沿いの隣接した書店とスーパーに立ち寄り。

 

 

ー〇ー〇ー〇ー

 

 

 書店とスーパーに立ち寄る。

 

 

 

 

 

 買い物を済ませて店を出たら、

 

僕の車の駐車時には空いてた隣のスペースに、

 

シルバーの古い軽カルトナンバー4848が、

 

エンジンかけたまま、

 

スーパー出入り口を張り込むように、

 

こちらを向いて停めている。

 

 

 

 

 店内にはいなかった、

 

ごく小柄で、

 

農協系な姿の老人運転手。

 

 

 

 

 僕がスーパーから出てきたのを確認するように、

 

目があった瞬間に体を起こし、

 

おもむろに車を進ませ、

 

買い物もせずに駐車場を出ていった。

 

 

 

 

 その4848にとっては誤算だったか知れないが、

 

こちらも車に乗り込んで、

 

スーパー前の国道に出た所で、

 

真後ろに追いついた。

 

 

 

 

 

 赤信号渋滞で車の流れが止まった所で、

 

車間をドラレコ画角的なギリギリまで詰め、

 

相手のルームミラー越しに、

 

表情・しぐさの観察を試みる。

 

 

 

 と、

 

4848、

 

これまたおもむろに対向車線を渡り、

 

家電量販店駐車場を素通りして、

 

住宅地へと消えてった。

 

 

 

 この目的地のなさ、

 

この逃げこそ、

 

やましい証拠。

 

 

⑤令和元年5月20日13時55分52秒

旧型LIFE シルバー 岡山581 き 4848

f:id:Arktorous:20190520231519j:plain

4848のホンダLIFE