信号無視・指示器不使用

 令和元年5月23日に、

 

訝しい区間で、

 

訝しい遭遇の仕方をした車両をリストアップ。

 

 

 

(この日まで、

 

一年以上毎日、

 

出勤時の路上、

 

帰宅時の路上に、

 

異常な数の赤い車や、

 

カルトナンバーが登場している。)

 

 

 

この日の運転時間は、

 

昼間6分数十秒、

 

夜間26分40秒。

 

 

 

①13時29分35秒

 三菱アウトランダー 赤 岡山301 と 426

自宅から100m、50秒の地点。

f:id:Arktorous:20190524225413j:plain

426のアウトランダー

 

 当方の車のエンジン始動から50秒、

 

直線距離100mの地点で、

 

いきなりアンカリング色と訝しんでいる赤色の車と遭遇。

 

 

 交通量が格段にアップして、

 

対向車を訝しむことが意味を失う(※1)、

 

自宅から400m、

 

1分30秒の地点までに、

 

4桁中3桁同数字ナンバー(2225など)か、

 

4桁2種数字2個ずつのナンバー(8866など)か、

 

赤色の車かのいずれか、

 

もしくはすべてと必ず遭遇する、

 

連続記録更新である。

 

 

 

 

 2018年1月10日以来、

 

限りなく100%に近い確率で、

 

出かけるたびに、

 

スタート地点から400m圏内、

 

1分30秒圏内で、

 

4桁2種数字ナンバー(2225、8866など)か、

 

赤い車のいずれか、

 

もしくはその両方と遭遇している。

 

 

 

 

   その区間で平均的に遭遇する、

 

ほんの5台前後の車の中に、

 

必ず2225とか1110とか、

 

赤い車とかがいる訳だ。

 

 

 

 

 不作為には考えられない確率である。

 

 

 

 

  さて、

 

以下は、

 

同日夜、

 

自宅に向け、

 

旧道区間を走行中の、

 

5分程度の間に撮影した画像群である。

 

 

 

 同区間で撮影できた、

 

ほぼすべての対向車両を網羅している。

 

 

 

②23時35分14秒

ワンボックス軽 白 岡山783 ぬ ・・18

f:id:Arktorous:20190524225907j:plain

18の白い軽ワンボックス

 

 前夜、

 

14と5の、

 

作為的登場を訝しめる2台と遭遇した地点付近で、

 

同夜最初の対向車として、

 

ナンバー18に遭遇。

 

 

 

 前夜、

 

ナンバー14とナンバー5に連続遭遇して、

 

1+4=5の条件付け嫌がらせが訝しめたことからすると、

 

同夜は1+8=9との、

 

数字9についての条件付けであると推測し、

 

訝しむ。

 

 

 

 

 2夜連続で、

 

 

測ったように同じような地点で、

 

 

何台ものティーン以下なナンバーと遭遇すること自体、

 

 

不作為には考えられない事態である。

 

 

 

③23時36分12秒

ホンダ 旧型フィット 白 岡山5〇〇 〇 8118

f:id:Arktorous:20190524230204j:plain

8118の白いフィット

 

 ②の約1分後、

 

 

18の次の遭遇車両、

 

 

同夜2台目の対向車として、

 

 

8118の白いフィット登場。

 

 

 

 

 9が同夜のアンカリングであることは間違いなさそうだと感じた。

 

 

 

 

 作為的な登場なら、

 

 

当方の走行位置が、

 

 

Webカメラ等による張り込みなり、

 

 

GPS発信機なりなんなりで、

 

 

筒抜けであるという訝しみが強まる。

 

 

 

 

④23時36分53秒

 軽 薄いブルーシルバー 京都5〇〇 〇 ・501

f:id:Arktorous:20190524230552j:plain

501の京都ナンバー

 

 ③の約40秒後、

 

 

同夜3台目の遭遇車両として、

 

 

京都ナンバーの501と遭遇。

 

 

 

 501をググると、

 

赤い社名ロゴの会社の製品がヒットする。

 

 

 

 

   出勤時、

 

帰宅時に必ず、

 

赤い車か、

 

赤色と関わりのあるナンバー(※2)の車と、

 

異常な頻度で遭遇するようになって、

 

もう何ヵ月も経つ。

 

 

 

 

⑤23時37分00秒

軽トラ 白 岡山580 〇 1199 

f:id:Arktorous:20190524231041j:plain

1199の白い軽トラ

 

 ④の7秒後、

 

ほぼ直後に現れた、

 

同夜4台目の遭遇車両のナンバーは1199。

 

 

 

 

 先月も同じナンバーと遭遇した際に触れたが、

 

1199を画像検索すると、

 

一面赤いバイクの画像で埋め尽くされる

 

 

 

 同夜は確かに、

 

9と赤色のダブルアンカリングが訝しめる。

 

 

 

⑥23時37分26秒

軽自動車 黒 岡山580 え 9840

f:id:Arktorous:20190524231330j:plain

9840の黒い軽

 

 ⑤の約30秒後、

 

同夜5台目の遭遇車両は、

 

9840の黒い軽。

 

 

 

 

 9840をググると、

 

1199ほどではないが、

 

赤い塗色の鉄道車両多くヒットする。

 

 

 

 同夜の対向車全てが、

 

9と赤を条件付けしてきているとして筋が通る。

 

 

 

⑦23時37分34秒~

旧型プリウス 赤系 岡山334 ろ ・・90

f:id:Arktorous:20190524231709j:plain

90、赤系の旧型プリウス

 

 ⑥の車両と対向した8秒後、

 

ほぼ直後、

 

右手の脇道から赤いプリウスが登場。

 

 

 

 

 作為的な登場を印象付けるなら、

 

当にそのタイミングでの登場しかないだろうというタイミング。

 

 

 

 

 そして、

 

9と赤の、

 

ダブルで条件付けを満たす車ということで、

 

とりあえず道なりついて行ってみると、

  

他にほとんど対向車もいないのに、

 

さらに2台もの赤い車と対向することとなった。

 

 

 

 挑発と罠のセットということか。

 

 

 

 下の⑧の画像はそのうちの1台。

 

 

 

画像中央奥は90の赤系プリウス

 

 

 

 

⑧23時38分54秒

軽自動車 赤 岡山584 こ 1030

f:id:Arktorous:20190524232151j:plain

1030の赤い軽

 

 

 同夜2台目の赤い車。

 

 

赤い車は、

 

 

統計的に23台に1台しか存在しないことが分かっている。

 

 

 

 このような時間帯に、

 

目の前で赤い車同士の対向シーンを目撃するなど、

 

不作為には考えられない事態である。

 

 

 

 (1030をググるとヒットするのは、

 

緑の社名ロゴをもつ某社製のグラフィックボード。

 

 ナンバーは意味を持たないらしい。)

 

 

その後、

 

自宅を4.5km程通り過ぎた地点まで、

 

かなり車間を空けつつ、

 

上記⑦の90赤系プリウスを追跡し、

 

信号無視までされて撒かれることとなった。 

 

 

 

 以下の動画は、

 

同赤系プリウス90が、

 

方向指示器を使わず左折した上に、

 

市街地に入ってすぐに赤信号を無視して逃げた映像記録である。

 

 

 

 

 動画終盤に信号機の矢印信号が点灯するが、

 

右向き矢印で、

 

90プリウスのしたような直進は認められていない。

 

 

 

 

旧型プリウス 赤系 岡山334 ろ ・・90 による違法行為。

youtu.be

 

 赤系プリウスが消えた後、

 

自宅へ向け転進。

 

 

 

 さすがに帰途には仕込み車両がいないということらしく、

 

自宅まで150mの地点に待ち伏せのように登場した、

 

1010の白いエスティマに遭遇するまで、

 

1台の条件付け的車両とも対向しなかった。

 

 

⑨5月24日00時00分00秒

エスティマ 白 岡山301 せ 1010

f:id:Arktorous:20190525171822j:plain

1010の白いエスティマ

 

 自宅まで150mの地点に、

 

待ち伏せていたかのように登場した、

 

カルトナンバーなエスティマ

 

 

 

 日頃使わない、

 

交通量の多い幹線道路を走行している間は、

 

全くと言っていい程にカルトナンバーも登場せず、

 

対向等に赤い車が連続することもないのに、

 

自宅まで1本道の区間に入った途端に、

 

この1010が登場した訳である。

 

 

 

 ※1

「交通量増加により、対向車を訝しむことが意味を失う」などとターゲットが感じていると知れば、嵩にかかってその交通量の多い区間にカルトナンバーなり赤い車なりを増強してくるのが、組織的嫌がらせの常ではあろう。

 

 ※2

1199や8866など。これらの数字をググると、赤と関わりのある情報や画像がヒットする。