遭遇したことのある個体ラッシュ

 令和元年7月10日水曜日の出退勤時に遭遇した車のリストアップ。

 

   同日の遭遇車両総数は、昼間NA台程度(内、容疑車両8台程度)、夜間8台(内、容疑車両4台程度)であった。「遭遇」とは、ナンバーの読み取れる形での接近、対向車両や先行車両、後続車両等を指す。NAと書いている場合は、国道ルートを使うなどして遭遇車輌が多すぎ、数える意味を失ったことを表す。

 

 同日は、自宅から90秒、走行400mの件の交差点までに、5台の車と遭遇した。相変わらず、2台目の遭遇車両が、4桁中3桁同数字ナンバーであったりするなどして、平成30年1月10日以来の、自宅400m圏内での、嫌がらせアンカリング容疑車両との連続遭遇日数記録が更新されることとなった。

 

 アンカリングが感じ取れる事態を確実に毎日体験するということは、取りも直さず、僕の外出タイミング等が常に外部に知られているという状況の存在を意味する。

 

  また、某MスーパーH町店に立ち寄ったところ、7月4日に、自宅から60秒の生活道路上で出くわしたばかりのナンバー50の赤いマーチが、駐車場に現れた。某Mスーパーの自宅最寄店舗は、そのH町店ではない。集団ストーキングの見せつけのためだけに来店したとも訝しめる。

 

 同日はさらに訝しいことに、ナンバープレート詳細をブログに記述するようになって以来、2度目以降の遭遇となる、訝しい車両とばかり遭遇する日となった。過去に既に遭遇し、訝しんでリストアップしてあるカルトナンバー車との遭遇台数、5台。

 

 毎度のこと、1日1日の個々の事象を取り上げたところでなんということもないが、毎日なんらかの形で続くとなって初めて、一定以上の作為が見て取れる出来事ばかりである。

 

 お暇な向きにおかれては、是非、連続した他の日の投稿同士と見比べていただきたい。僕が経験している、阿保らしくも許されざるべき状況が理解していただけると思う。

 

ーーー〇ー〇ー〇ーーー

  

【訝しんでいる内容】

〈1〉自宅から400mの、交通量が格段に上がる交差点周辺に到達するまでの走行1分30秒程度の間に、8866、2226、・・・1、1111などのカルトナンバーの車や、その時々のアンカリング塗色の車、ググると赤いモノが画像検索できるナンバーの車、僕自身と関わりのある情報をググれるナンバーの車のコンビネーションと必ず遭遇する日々が、平成30年1月10日以来、毎日続いている。

 

    その区間で日々遭遇するほんの5~6台の車の中に、毎日必ずカルトナンバーやアンカリング塗色の車が含まれている。(1桁ナンバー等を含む4桁中3桁同数字ナンバーとの遭遇が特に多く、ほぼ毎日遭遇している。ほぼすべて異なる個体である。不作為には起こり得ない現象。)

 

現在の主なアンカリング容疑塗色は赤色青色。500日余りの歴史的に、黒→赤→赤&青と変遷。)

 

 〈2〉片道3㎞の出退勤ルート上の、道なり以外の進行方向、つまりは右左折が、基本的に袋小路に入り込むことにしかつながらない、県道や旧道の事実上の一本道区間に入ると、8888、・・・1などのあからさまなカルトナンバーや1199のような「赤」と関連のあるものを画像検索させるナンバー、もしくはその時々のアンカリング塗色の車の連続等と異常な頻度で遭遇する。

 

    そういった訝しい車両との遭遇が、平成30年1月10日以来、〈1〉の現象が異常にあからさまなレベルで起きた日を除けば毎日続いている。1日1日の、個々の現象を取り上げたところで何ということもないが、毎日続くとなると、一定の作為と策謀が見て取れるといった現象である。

 

〈3〉このブログの一連の投稿内容が、普段遭遇するカルトナンバーや車両塗色、出没地点の傾向に影響を与えているらしい。

 

ーーー〇ー〇ー〇ーーー

 

それでは、リストアップ開始。

 

①令和元年7月10日13時37分55秒

 自宅集落を出ない内に、6月25日に遭遇したばかりのカルトナンバー車に遭遇した。平成30年1月10日以来の、自宅400m圏内での、アンカリング容疑車両との連続遭遇記録が更新された。

 日産 セレナ ハイウェイスター 白 岡山331 ゆ 7770

f:id:Arktorous:20190710164806j:plain

7770の白いミニバン

 

 

②13時38分13秒

 自宅から100m程度の地点。同日も走り始めから、2台連続でカルトナンバーと対向することになった。この地点までに遭遇する、各出勤日の1~2台目の遭遇車がカルトナンバーである確率の高さは、他の日のブログと照らし合わせて読んでいただければ、それが不作為とは考えにくい程度の確率であることが理解していただけると思う。僕の居場所が常にバレているという、そういうアピールであると考える方が自然である。

 トヨタ クラウン 白 岡山338 ほ 8338

f:id:Arktorous:20190710165303j:plain

8338の白いクラウン

 

 

③13時38分35秒

 自宅から280m程度の地点。これまた自宅400m圏内での遭遇確率の異常に高い、青系、水色の軽自動車が現れた。5月22日、6月19日の各日にも、同じ界隈で遭遇したことのある個体

 スズキ アルト 水色 岡山581 き 6122

f:id:Arktorous:20190710165807j:plain

水色のアルト

 

 

④13時39分27秒

 出勤路上、最初の信号交差点で、4桁全同数字ナンバーと遭遇した。6月4日に、旧道区間で対向したことのある個体。とりあえず記録しておく。

 トヨタ ヴォクシー 白 岡山319 る 2222

f:id:Arktorous:20190710170115j:plain

2222の白いミニバン

 

 

⑤13時39分31秒

 ④の信号交差点を通過したばかりの地点において、赤いパッソに遭遇した。これまた7月1日に遭遇したことのある個体。その時の遭遇地点も、ほぼ同じ辺り。時刻には20分のズレがある。7月1日は、赤い車や青い車が大量発生した日であり、地味だが、非常に訝しい。

 トヨタ パッソ 赤系 岡山537 な ・345

f:id:Arktorous:20190710170958j:plain

赤系のパッソ

 

 

⑥13時47分43秒

 某MスーパーH町店に立ち寄り、買い物を済ませて店を出たところ、駐車場にカルトナンバーが2台現れた。・900と・・50。

 ・・50の赤マーチの方は、7月3日に、自宅から100m程度の生活道路上で遭遇したことのある個体。だが、このMスーパーH町店は、僕の自宅界隈のMスーパーの最寄店ではない。非常に訝しい登場である。

 ホンダ N-BOX 黒 岡山584 ほ ・900(駐車直後、左方に運転者写り込み)

f:id:Arktorous:20190710171711j:plain

・900の黒いN-BOX

 

 日産 マーチ 赤 岡山535 た ・・50

f:id:Arktorous:20190710171738j:plain

・・50の赤いマーチ



 

⑦13時52分21秒

 仕事場まで、120m程度の地点。222の黒い軽と遭遇。2222と遭遇したばかりの出勤途上でもあり、とりあえず記録しておく。60絡みの女性運転手。会釈して行った。

 三菱 eKスポーツ 黒 岡山589 あ ・222

f:id:Arktorous:20190710172312j:plain

222の黒いeKスポーツ

 

 

 以上、同日の昼間は、遭遇経験のある個体を多く目撃する道行きとなった。「遭遇したことのある個体ラッシュ」、「既知個体ラッシュ」と名付けておこう。

 

 

ーーー〇ー〇ー〇ーーー

 

⑧22時50分47秒

 帰途、仕事場を出て最初の遭遇車両が、挟みナンバーだった。仕事場を出て最初の遭遇車両が、クセのないナンバーないし塗色だった試しがない。

 軽自動車 白 岡山586 〇 ・606

f:id:Arktorous:20190711152803j:plain

606の白い軽自動車

 

 

⑨22時51分36秒

 同夜2台目の遭遇車両が、沖縄ナンバーの拳銃画像をググらせるナンバーだった。僕が組織的嫌がらせを受けるようになるきっかけを作った馬鹿は、沖縄で大学教員をしていたことがある。

 軽自動車 シルバー 沖縄581 む 3811

f:id:Arktorous:20190711153015j:plain

沖縄ナンバー3811の軽自動車

 

 

⑩22時54分17秒

 同夜4台目の遭遇車両は、以前にも遭遇した記憶のあるナンバーだった。前回の遭遇も同じような地点だった記憶があるため、とりあえずリストアップしておく。

 シルバー 岡山533 〇 8723

f:id:Arktorous:20190711153320j:plain

8723のシルバー

 

 

⑪22時54分43秒

 5台目として、赤系のSUVが現れた。赤い車をこれ見よがしに停めている、カーディーラー駐車場横の交差点での登場。訝しめなくもないので、とりあえず記録。

 SUV 赤系 3103

f:id:Arktorous:20190711153503j:plain

3103の赤系のSUV

 

 

⑫22時54分56秒

 赤系に引き続いて現れた6台目が、黄色ないし黄緑色だった。全体でも一けた台の数の車にしか遭遇しない時間帯に、このような特殊な塗色の車に遭遇すること時代が不自然。しかも赤系の直後に。ろくにナンバープレート情報を読み取れなかったが、記録しておく。

 黄緑 ナンバー ・・34

f:id:Arktorous:20190711153930j:plain

赤系の直後に現れた黄緑

 

 

⑬22時54分58秒

 同夜7台目は、特に訝しい点のない車だった。

軽自動車 シルバー ナンバー 1915

f:id:Arktorous:20190711154213j:plain

1915のシルバーの軽自動車

 

 

⑭22時55分50秒

 同夜8台目、最後の遭遇車両も特に訝しむべき点のない車だった。

 黒 ナンバー 1102

f:id:Arktorous:20190711154352j:plain

1102の黒い車