黄色

    黄色い乗用車は、130台に1台の割合でしか存在しないことが業界の統計的に分かっています。

 

    この事実について連日書いているこのブログに、強制尾行等というカスの嫌がらせ手法を用いる馬鹿共の脳みそで当て付けるとそうなるということなのでしょうか、今週は木曜、金曜、土曜と、三晩連続で、帰宅時最初や2台目の対向車が黄色系であるという状況を経験しました。

 

    死角というか、仕事場の隣家に借家がいくつもありますし、嘘の噂を聞かされて僕の背中に向けて悪口を直接聞かせてきた阿呆爺のすむ一戸建ても斜め前に存在しますし、いずれかに張り込み要員が配置されているということでしょうか。どこかの判例に書かれていたように、Webカメラでのそれも考えられます。

 

   もう660日以上、同様に不自然な車との遭遇が連続しているのは、紛れもない事実です。強制尾行でなければなんでしょうか。