【令和2年9月25日㈮】青2台&紺・・・3【昼版】

〈出勤時遭遇車リスト〉

 出勤時に遭遇する、「嫌がらせ容疑車」をリストアップする。

 

 ツイッターに画像付きで状況を告発して、数千のインプレッションを得るようになって以来、下火の日、巧妙陰湿と見て取れる日も増えてきていて、その日の記事のみを読めば、単に僕が強弁しているだけとしか映らないであろう状況も散見されているが、出勤時、「自宅・仕事場それぞれの500m圏内」ないし「出発後および到着前90秒圏内」でほぼ毎日必ず、1桁ナンバーや4桁中3桁以上同字ナンバーなどの特殊な希望番号ないし三原色塗色の車群と遭遇している。出発後遭遇6台程度以内ないし到着前遭遇6台程度以内に毎日必ず、そういった「嫌がらせ容疑車」群が現れるのである。

 

 

 大学3年時の研修旅行先で引率教員に売られた、女性絡みの一方的な嫌がらせに始まる喧嘩を買って以来二十数年、時にはNHKなどの生放送も巻き込んで、行く先々であからさまな先回りの嫌がらせ、誹謗中傷、身に覚えのない私刑を受け続けてきた身として、すべてがすべてとは言わないが、相当数が組織的嫌がらせであろうと訝しんで、「集団ストーカー」、「強制尾行」、「馬鹿の逆切れ」、「阿呆の逆恨み」、「集カス」と呼び習わしている。

 

 

 世間知らずな母親の知り合いの回し者医師に勧められた、悪徳心療内科受診を断った直後の、3年弱前のとある日の出勤前、袋小路内にあって、住民と業者以外は現れるはずもない自宅前に黒いヤクザセダンが待ち構えていて、自宅の門扉を開く僕の顔を見るなりいやらしい笑顔を浮かべて悠然と去って行き、その直後、出勤のために出発すると、自宅から1kmの圏内で遭遇した数十台の車の内の実に7割が、黒塗色で希望番号だった。それ以外にも様々な嫌がらせを受け続けていた僕は、その日から毎日続くようになった、そういう類の遭遇の多くが、組織的嫌がらせであると確信した。

 

 ”精神病”は精神医学会、薬学会による非科学的でっちあげで、政治ツール・統治ツールでしかないことは、多少の事情に通じていれば誰しもが到達する真実である。

 

 自宅を出て最初に遭遇する車がであるという経験を、1週間6日の出勤中、5回経験したような週もある。

 

 数か月間以上、1日と置かずにほぼ毎日、出発後遭遇6台以内に、水色塗色の車と4桁中3桁以上同字ナンバーが現れ続けた時期もある。

 

 自宅を出てすぐ、1台目が、2台目が、3台目がというように、S価三原色塗色といきなり連続遭遇するような日もままあって、さらに続けて4台目が1112だったような経験もある。

 

 出勤時の最初の遭遇車と帰宅時の最後の遭遇車が、青塗色の同じ個体だったこともある。

 

 毎日の出勤路の最後の信号交差点、仕事場まで500m程度の、青信号で通過するできることは滅多にない地点に、何カ月間も毎日連続で、塗色ないし4桁中3桁以上同字ナンバーの対向車・先行車が現れ続けたこともある。

 

 そしてそういった自宅や仕事場周辺での経験について、画像をまじえてごく客観的にツイートし、ごくたまに、探偵業者などを含む、世間のその筋のアカウントが内容に興味を持つようなことがあれば、翌日は、自宅400m圏内での遭遇車数自体があからさまに減ったりする

 

 そういう日は決まって、嫌がらせ最頻発エリア(自宅400m圏内)を抜けたあとの、仕事場までの2kmちょっとの旧道ないし抜け道で遭遇する、毎日平均20台程度の中に、5台以上もの「4桁中3桁以上同字ナンバー」や「の車」が含まれるというような、いわゆるカルトカーとの大量遭遇を経験したりする。嫌がらせの予算が決まっているというような裏事情でもあるのか、全遭遇台数が上下しても、現れる容疑車台数は一定している。

 

 巷のSNSで囁かれている「強制尾行」、「組織的嫌がらせ」、「集団ストーキング」、「ガスライティング」の手法そのままの状況である。

 

 1日1日の状況を個別にいくら説明したところで何も分からない。僕という認知構造に拠る、何ヶ月何年もの連続経験を通してのみ、それらが嫌がらせであると初めて理解できる、加害者優位の仕掛けなのだ。

 

 心療内科受診を断った直後のとある日、僕の出勤直前の自宅前にヤクザ風体の男が運転席に座った見知らぬ黒セダンが停まっていて、それを見とがめた僕と目が合うなり、不敵な笑みを浮かべて去って行った。そしてその数分後の、ほんの3kmの出勤路上で僕が遭遇した車群は、総数の7割近くが黒い希望番号車だった。その日以来3年弱ほぼ毎日続いている、嫌がらせと思しき連続的事態である。 

 

 ただし、下にリストアップする遭遇車の主がすべて嫌がらせ行為者であると確定しようとするものではない。リストアップされる車はあくまでも「嫌がらせ容疑車」であり、当記事上記の事前状況を理解した上で、毎日の投稿を少なくとも数か月分連続的に精査・把握した読者が、その非偶発性の存在可否について、どう感じるかのみが問題である。

 

 

日付:令和2年9月25日金曜日

エンジンスイッチオン:13時49分47秒

出発:13時50分10秒

 

自宅集落内路駐数:         1台  (容疑車0台)

自宅集落内稼働中車数:       0台  (容疑車0台)

自宅800m圏内序盤遭遇車数    2台  (容疑車2台)2台

自宅800m圏内中盤前半遭遇車数: 0台  (容疑車0台)

自宅800m圏内中盤後半遭遇車数: 3台  (容疑車0台)

自宅800m圏内終盤遭遇車数:   1台  (容疑車0台)9100

旧道2km区間序盤遭遇車数:    5台  (容疑車0台)

旧道2km区間中盤前半遭遇車数:  7台  (容疑車0台)

旧道2km区間中盤後半遭遇車数:  3台  (容疑車1台)・・・3

旧道2km区間終盤遭遇車数:    4台  (容疑車0台)

旧道国道接続区間遭遇台数:    不使用  (容疑車0台)

国道区間遭遇車数:        不使用  (容疑車0台)

国道沿い店舗内駐車場内遭遇数:  不使用  (容疑車0台)

仕事場集落内遭遇車数:       0台  (容疑車0台)

 

3km出勤路総遭遇台数:     25台  (容疑車1台程度)

到着:13時56分59秒

 

 

 

―遭遇車目次ー (メーカー 車種 塗色 ナンバー 遭遇順 走行距離)

ダイハツ ミライース  岡山581 せ ・264  0台目   50m

 ダイハツ タント    岡山587 ひ ・・70  0台目   50m

②日産 モコ      白 岡山580 の 9100  7台目  600m

③スバル レガシー    岡山31K と ・・・3 21台目 2400m

 

 

  ―遭遇車画像リストー

 ※上段【遭遇時刻/遭遇順/遭遇地点】

※中段【車種/塗色/ナンバー】

※下段【※備考】

 

 

 ―遭遇車画像リストー

f:id:Arktorous:20200925161139j:plain

f:id:Arktorous:20200925161144j:plain

f:id:Arktorous:20200925161149j:plain

自宅出た途端青2台、鈍足逆煽り9100、仕事場500mに・・・3

 

 

 

【総括】同日も、あからさまな被害疑いの少ない、下火の日だった。25台の遭遇車の中に、が4台、・・・3が1台混ざっているだけで、本来は十分に訝しい状況ではあるが、とりあえず、前日に引き続き下火の日と認識しておく。

 

 自宅から50m、自宅集落出口目の前に位置する、マスゴミと怪しいコネ(※)を持つ飲食店駐車場には、前夜の容疑車と同じ系統の色味の青い車が2台並べて停めてあった。

 

 また、自宅町内を抜けた直後、旧道に接続する抜け道区間には、時速15kmで先行位置を走行する、逆煽り気味の9100が現れた。

 

 仕事場まで500m、仕事場町内最初の信号交差点、ほぼ毎日4桁中3桁以上同字ナンバーの現れる地点には、この日は、紺色・・・3レガシーが現れた。分類番号が新しいので、最近取得したばかりのナンバーであると考えられる。同地点での4桁中3桁以上同字ナンバーとの遭遇は、ほぼ毎日のお約束である。作為性を訝しんで、とりあえず記録しておく。

 

 ※なんの変哲もない住宅地内に新規開店したその週のうちに、ローカル放送局のテレビ番組で特集を組まれた怪しい店。テレビマスゴミに生放送を通じた嫌がらせをされてきた身としては、マスゴミとコネのある人間も敵視する必要がある。テレビマスゴミの生放送を通じた嫌がらせなどと書けば、頭がおかしいとしか思われないだろうが、同時多発テロの日に全世界的にあからさまになったその嫌がらせは、歴とした事実である。一部では、僕をして、松本サリン事件報道の被害者河野さん以来のマスゴミの犠牲者と称する向きもある。

 

 

 

【基礎知識】

 この国では、警察さえも嫌がらせ組織である。