【令和3年1月6日㈬】5604(殺しナンバー)登場。【深夜版】

  23時台帰宅。

 

 

  同夜は遭遇車5台。11月から続く、「・」始まりナンバー車が高い割合を占める現象、また、ハイビームでこちらを照らしつけてきた最初の遭遇車が、5604(殺しナンバー)であった現実、それぞれに訝しい状況となりました。

 

  まことに馬鹿馬鹿しい病的分析ではあるけど、前夜の、・・84(ポロニウム毒殺を連想させるナンバー)や、・・38(38口径射殺を連想させるナンバー)が、しっかりと嫌がらせであると念押ししてきた風に感じます。2台目の遭遇車がしっかりと2桁ナンバーであった辺り特に、敵方が偶然を味方につけるに好都合な状況なのです。

 

 

①軽自動車  赤茶? 愛媛58〇 〇 5604殺し

②C-HR  黒   岡山335 て ・・63(・始まり、数字意味なし?)

③軽自動車  白   岡山580 に 1907(年号的、数字意味なし?)

④軽トラ   白   岡山480 つ 6323

⑤コンパクト 黒   岡山530 た 932(・始まり、数字意味なし?)

 

 

仕事場から70m。こちらをハイビームで照らし付けてきた最初の遭遇車が、嫌がらせ的ナンバー、5604(殺し)だった。

仕事場から70m。こちらをハイビームで照らし付けてきた最初の遭遇車が、嫌がらせ的ナンバー、5604(殺し)だった。

仕事場から70m。

こちらをハイビームで照らし付けてきた最初の遭遇車が、嫌がらせ的ナンバーだった。

5604(殺し)。

 

 

仕事場から300m~500mの区間先行。同夜2台目の遭遇車が、これまた嫌がらせアンカリング容疑要件を満たす、わざとらしい・・63だった。

仕事場から300m~500mの区間先行。同夜2台目の遭遇車が、これまた嫌がらせアンカリング容疑要件を満たす、わざとらしい・・63だった。

仕事場から300m~500mの区間先行。

同夜2台目の遭遇車が、これまた嫌がらせアンカリング容疑要件を満たす、わざとらしい・・63だった。

偶然ならそれで構わないが、敵にとって都合の良すぎる存在。

 

 

最後3台の遭遇車は、年号的ナンバーだったり、「・」始まりナンバーだったり、これまた敵方に都合の良い存在だった。

最後3台の遭遇車は、年号的ナンバーだったり、「・」始まりナンバーだったり、これまた敵方に都合の良い存在だった。

最後3台の遭遇車は、年号的ナンバーだったり、「・」始まりナンバーだったり、これまた敵方に都合の良い存在だった。

最後3台の遭遇車は、年号的ナンバーだったり、「・」始まりナンバーだったり、これまた敵方に都合の良い存在だった。