【令和3年2月1日㈪】いつもの嫌がらせ。唯一の遭遇車が片目ライトな帰り道。【深夜版】

  23時台帰宅。いつも通りの、3km、5~6分ドライブ。

 

  同夜の遭遇車数は、いつも通りの帰宅時間だったが、なぜか遭遇車は1台。某メディア関係者が、僕のツイートを信じる的態度を表明したことが効いての下火状況と訝しめる。

 

 ーーー〇ー〇ー〇ーーー

 

 

   仕事場ガレージを出発してから120秒で前方遠くに登場した、同夜唯一の遭遇車が、ナンバープレート照明灯片目白アクアでした。ナンバープレート照明灯が片目な車に遭遇するのはここ4日で3回目、2日連続です。訝しまざるを得ないでしょう。

 

 

   ランプ類が片目である車は、集団ストーキング被害者界隈ではよく採り上げられている加害車両のアンカリング的特徴で、実際僕も、11日連続で仕事場を出て3分以内に片目ヘッドライトに遭遇し続けた経験があって訝しんでいるので、記録しておくべき条件に合致しているという、ある意味しょうもない事情があります。

   

      

   あいかわらず、このブログの説得力を弱めつつ嫌がらせは続けるという観点において敵方にとって都合の良い存在ばかりなので、記録しておくということです。

 

 

   「敵方」って何って話ですが、その日1日だけの現象を見ても多少違和感を感じるだけの状況も、毎日毎日続くとなると、雨だれ石を穿つよろしく嫌がらせとなるのです。

  

 

   この夜のように仕事場を出てすぐに遭遇した2台目~3台目の車が3連続で青塗色であったり、同じく仕事場を出てから遭遇する最初4台~5台の車が連続ですべて赤塗色であったり、仕事場玄関施錠中にすぐ背後に停止した貧乏軽のナンバーが・888で、僕がたまたま録画中のカメラを携えていたのを見て、女運転手が焦って顔を隠しながら逃げていったり、帰路で遭遇した各晩平均5台の車が3晩連続で「・」始まり3桁以下ナンバーばかりであったり、何晩も連続で遭遇する数台の車が大量の鉄道車両画像をググらせるナンバーばかりであったり、そういった、毎日毎晩続いている不自然な状況の経験を思い出すに枚挙に暇がないことを考えれば、どんな些細なことでも、何度も続くことに関しては、偶発たり得ないと感じてしまって当然でしょう。

 

 

 ー遭遇車リストー(同夜の遭遇3台)

(1台目の遭遇車のナンバープレート照明灯が片目。) 

〇遭遇順 車種 塗色 ナンバー 走行距離 (容疑

①アクア 白 ナンバー不明 1600m (ナンバープレート照明灯片目

 

 

 

ー遭遇車画像リストー

1600mの地点。ナンバープレート照明灯が片目の白アクアが、すぐにわき道に逃げられるタイミングで、敵方に都合の良い現れ方をした。

1600mの地点。

ナンバープレート照明灯が片目の白アクアが、すぐにわき道に逃げられるタイミングで、敵方に都合の良い現れ方をした。

画像中央奥にごくごく小さく写っている。

 

 

ー遭遇車歴ー

 

 

【2月】

 1日㈪遭遇1台ナンバープレート照明灯が片目の白アクア

         前週は、2晩にわたって、プレート照明灯片目の白ライフに遭遇している。