求職状況つづき

午前9時、ハローワークへ。



ハローワークの相談員さんたちは基本的に皆親切だけど、

今日の担当の男性は若いのに懇切丁寧、

こちらの迷走気味の説明や相談の相手を、

誠実さを以て50分ほどもしていただけた。



で、その相談員さんに頼んで、

K社に電話で問い合わせてもらったところ、

K社の採否はというと、

こちらの意思確認がなされてから10日目の本日、

なんとまだ検討中とのこと。


こちらがI社との天秤にかけてなければ、

ほぼ採用の方針だったとまで言っていたそうで…。



ただ単に、I社と筆者の自己中な動きのせいで、

全体のペースがおかしくなっていると捉えて、

K社の動きは少なくとも表面上は誠実だと考えるべきか?



それでもやっぱりぬぐえない不信感、

いつまで引っ張ることになるのか…。



追記:

宙ぶらりんを逃れたいこちらの一応の意向に沿って、

別の面接を受ける手配を進めてもらえることに。

夕方、

どうやらもうひとつ面接が受けられそうな運びになったと、

同じ相談員さんから、留守電に連絡があった。


追記:
K社は、筆者と最初に顔合わせた時から、


なんらかの先入観を基に、


雇わない理由を見つけるつもりで圧迫待遇していたが、


筆者の想定以上のお人好しさに、


不採用に向けて十分な隙が見つからなかったので、


理由をこじつけられず、


こちらが身を引くのを待っているということで、


すべて辻褄があう話。