朝青龍

朝青龍と打ち込んだらちゃんと変換されるのに少々驚きつつ…。


なんで東京のマスコミは(東京だけじゃないのかもしれないけど)、朝青龍をヒールにしたがるんだろう?


夕刊フジに曰く、明日から始まる場所で優勝したら暴走するから潰せとさ。自分が戦うわけでもないのに。


夕刊紙とはいえ、こんなみえみえのスタイルで世間や看板力士を煽ってて楽しいんだろうか?


テレビ番組の出演者や横審の顔ぶれも同様。


まるで朝青龍が調子に乗ったら、マスコミ、ひいては日本の明日がないみたいな書きよう、話しようで。


決して感謝の心を知らないわけではない、実力でのし上がった横綱を相手に、周囲にはまともに彼の味方をする人間がひとりもいないような兵糧攻めのような演出をしつつ、寄ってたかって自分の正当性だけは信じて疑わない。


あまりに腰抜けな偽善者揃いで、見ていていい加減気分が悪い。(いわゆる大衆迎合のつもりの、偽善秩序の末路的現象ということか…。)


結果として、自分が何をすべきか分かっていて堂々とその心象を披露できるのは、実際戦ってる力士だけって感じが垣間見えることについては、決して悪い気はしないんだけど。


横審やマスコミの面々は将来、この逆境を自分たちが与えたから朝青龍は大横綱になったなんて、無理やりな理屈でもこじつけるつもりか。


はたまた日本国籍の歴代力士の記録が塗り替えられるのを恐れての暗愚の所業か。


(自分たちの都合と、相撲界の理想的将来像とを、当然の権利のごとく混同しているのは確実だろう。)


なにはともあれ、朝青龍の性格が唯一の原因として招かれた事態とはとても思えない。


ま、僕みたいに釣られて批判する一般人は、彼らにとっちゃ恰好の餌なのかもしれないけど。


朝青龍を潰せ! Vなら再び“無品格”暴走へ(夕刊フジ)