P君

ホントに珍しく


定時の10時直前に


帰宅の途についたP君。

 



台風でけっこうな雨降りの中、



会話中におもむろに



荷物をまとめ始めたのと、



教室前の死角に



お迎えの車の着いた気配が



僕には感じとれてなかったのとで、



あまりの珍しさと心配で思わず、



「もうお迎え来てんだよね?」と尋ねたら、



呆れたような顔で



「もう10時っすよ?」



と来たもんだ。

 



いつも11時まで帰らないのは



君でしょうが。



そもそもこんな時間に、



「早くも来たのか?」って意味で



尋ねたりしないから。





ホント、



普段から勘違いなしでは



話が進まない位の次元で、



話し言葉



理解力やら表現力やら論理展開力やら、



色々多岐にわたって低いのに



わざわざ苦労して合わせてやってるのに、



なんの自信があって呆れてくれてんだか。





高校生だけど、



典型中二病的に



自分が見えてないよねぇ…。Σ( ̄□ ̄|||)

 




珍しく台風起因で変則的な行動かましといて、



それについてただ尋ねられただけで、



上から目線で偉そうに



呆れて見せてくれる高校生…。

 




根っから自信過剰で、



自らの状況把握能力の低さ、



言うこと為すことの論理性のなさ、



人間関係における脈絡の読めなさについて、



何ひとつ疑問に思わないんだろう。

 




30人しか同級生のいない



下流私立進学コースならではの、



見事な空自信やね。




 

そもそも、ホントこれって、



この街の人間の



自己満足な典型的田舎者さの発露だわ。

 




誰も認めてくれないけど、



地元ならではの低レベルでは並み以上って



典型的中流意識で、



自分で自分を祭り上げた上から目線で、



ろくに知りもしない相手を愚弄できる、



勘違い君達の、



勘違い君達による、



勘違い君達が為の街ってね。