フィルター設定

メーラー、Thunderbirdの、
メッセージフィルター設定にはまってみた。


正式リリース以前から手を出していた気がするので、
このメーラーを使い始めてもう3年以上になるんだけど、
フィルター機能の存在を全く認識できていなかったわけで。


きっかけは先週、セカンド機として使い始めたノートパソコンに、UBUNTU7.10を導入したこと。


このUBUNTUに搭載されているメーラーは、思うに、
いかにもフィルターを使いなさいと促すような体裁をしている。
そのおかげで、
メーラーにはメッセージフィルター機能があると初めて認識した。


同じアドレスの受信メッセージが、
複数のパソコンに分かれて保存されることに抵抗はあったけど、
このUBUNTUメーラーに常用のメールアカウントを設定。

とりあえずもがなフィルタリングを試してみたところ、
これがとても便利。


で、ウィンドウズのデスクトップ常用機で使っている、
Thunderbirdにも同様の機能があるはずだと、
今さらながらに認識を新たにしたわけで。


おかげで、人生初のメールアドレス作成から10年にして、
やっとメーラーの何たるかを知った気がする。


未だに知らない機能が他にもあるかもしれないけど。


フォルダ内の過去の受信メールを観察しながら、
フィルター設定の工夫をしてみるにつけ、
メールで宣伝をしている店や、
メルマガを発行している人間の、
件名や本文における、
言葉選択の苦労が今さらながら垣間見える。


同時に、仕事でメールを常用するような本当のメーラー使い(?)にとっては、
フィルター機能というのは、知らない方がおかしいほどに、
基本的な存在なんだろうとも認識させられた。


私信と客としての通販利用が、
個人的にメールに感じる存在価値の全てと言ってよい状態なので、
フィルタ無しでの手作業によるメール仕分けも、
さして大仕事ではない。


でも、フィルター設定の作業は、
十年近く前にお気に入りだったPSソフト、
初代カルネージハートのアルゴリズム設定をしているみたいで、
ちょっと楽しかったりもする。