正当防衛

今を遡る事20年以上前、

 

 

僕が本杉に喧嘩売ったのは、

 

 

彼が、その場の指導的立場()にありながら、

 

 

初対面の一学生を

 

 

その場の雰囲気で嘲笑するようなゴミだったから。

 

 

 

 

言わば、馬鹿が支える馬鹿専用の猿山に

 

 

飛び込んでの当然の正当防衛。

 

 

 

 

案の定、直属助手やら何やらに始まり、

 

 

何年にも渡る嫌がらせのきっかけ作りをしてくれたが。

 

 

 

 

僕の眼に狂いはなかったってね。

 

 

 

 

要するに、先制した方に非がある、

 

 

こちらは事実を示し、専守防衛しているだけの、

 

 

僕にまつわるこの状況で、

 

 

追い打ちをかけるかのように嫌がらせし続けてくれている

 

 

そこここの彼らは、

 

 

彼ら自身に人間性においての欠陥がある

 

 

当然の殲滅対象として、

 

 

順を追って、それぞれそれなりに、

 

 

自動的に潰れて頂くって寸法で。