こんな魂胆(平成30年5月9日)

       またまた本日も、制服以外の塾生は黒のコーディネートです。しかも、いかにも地元公務員の子弟らしく、お互いの服装を見ては、ニヤついてさえいます。

 

       犯罪行為である集団ストーキング状況に関して、僕の感覚を麻痺させようという魂胆だそうです。

 

       慣れるも麻痺するも何も、ここの地元の人間も含め、歴代の僕を潰そうとしてきた人間の人間性が人間並み以下であることを証明するのがそもそもの僕の意図ですから、散々「足し算の辻褄合わせは頭が悪い」と指摘して差し上げたことも含め、よくよく反芻していただければと思う次第です。