不条理?(親類編)親の車の巻

親が車格の高い重量級ミニバンを買って2年弱。




親自身が運転している時に助手席に乗ると、



かなりひどく道の左側によって走るので気になっていた。




最近、その親が入退院を繰り返すようになったので、



その車の運転を代行する機会を3度ほど持ったのだが…。



人のことは全く言えない自覚がない元来の性質が相まって、



こちらの運転に文句をつけるつける。




中央線からミラーがはみ出るくらい右を走っているのに、


「また左はしる!」とか、


普段こちらが運転している車よりだいぶ重い車だからと、


ブレーキを強めに踏むと、


「停まったらブレーキ離さないと、ショックが来る。」


と文句を言い、


それに対応して、ブレーキを軽めにフィニッシュすると、


「ブレーキが踏めてない。かかとを床から離せ。」


と文句。




自分的には、



その車の運転の通算時間は2時間にも満たない現状で、



自信過剰な持ち主の、



妄想的欲求と同じ次元を実現する義理などないとしか感じない。





とはいえ、助手席に乗って左が近いと感じるのが、


気分の良い感覚ではないのは確かなので、


右の中央線側に動線を沿わせるように、


遅れ気味のハンドリングで走らせると、


「ハンドル使いすぎ!車は正面にしか進まん。」とまた文句。




話の変わる感じになるが、


世間の常識的に言えば、


こちらには、


母親の実家が頭金を払って購入した車を持って、


離婚して実家に戻って連絡を絶ち、


以降、一銭の養育費も払わなかった親の、


未だにその時の弁護士(※)と年賀状の行き来のある親の車を、


たとえ病身とはいえ運転代行する義理などそもそもないのだ。




自分が子供の頃、母親が3人ぐらしの家を開けると、


いつも台所はありえなくらいの荒れ放題だったが、


現在の実母(自分の祖母)の台所仕事のいい加減さに、


情のない言い方で文句を畳み掛ける盲目さ。




てめえがまともに出来てこなかったことを他人に押し付けて、


一方的な上から目線で文句をつけるな。



己の姿を知りさらせ。




※その弁護士は親の妹の離婚時にも調停し、


慰謝料も養育費もしっかり払わせている。