タヒになナンバー

個人的GW初日28日の帰路。

 

 

前日に遭遇したばかりのナンバー、ナンバー111の別車に遭遇。

 

①平成31年4月28日0時24分

 タント? 黒 ナンバー111(ダイハツマークは確認済)

f:id:Arktorous:20190506230449j:plain

同じ旧道で、前夜にも111(別車)に遭遇している。

  同じ旧道のほぼ同じような地点で、

 

前日にも111に遭遇しているため、

 

訝しさ満点。

 

 

状況は当に強制尾行的アンカリング。

 

 

②平成31年4月28日0時26分

 ムーヴキャンバス 白とコーヒー色のツートンカラー 4272

f:id:Arktorous:20190506230720j:plain

428(死ねや)の日に現れた、427(死にな)ナンバー

 

上はGW初日の夜の画像。

 

このような時間帯に、

 

対向車が現れること自体が珍しい地点。

 

 

 

世の中が10連休だったこのGW中は、

 

3度しか車移動をしなかったのだけど、

 

その初日と最終日において、

 

この画像の地点で427(死にな)ナンバーに遭遇することとなった。

 

(※下記③参照)

 

 

 

以下の画像は世の中的GW最終日(仕事)の出勤時。

 

③令和元年5月6日13時33分30秒

アルト(2009年式) 暗紫色ないし暗赤色 岡山583 す 427

「死にな」ナンバー。

f:id:Arktorous:20190506231341j:plain

427(死にな)ナンバー再来。

この画像の奥に見える、

 

ひし形の道路標示は、

 

ひとつ上の②の画像奥に見えるひし形の道路標示を、

 

180度逆側から撮影したものだったりする。

 

 

 

要するに、

 

全く同じ地点における、

 

GW初日と最終日の427「死にな」ナンバー登場という次第。

 

 

 

④令和元年5月6日13時41分50秒

レクサスGS 黒 岡山334 〇 777(カルトナンバー)

f:id:Arktorous:20190506231839j:plain

道路中央を突っ込んでくる旧式レクサス

 画像奥側にあるローソン駐車場から、

 

タイミングよく対向に進入したレクサスGS。

 

よほど車体感覚が鈍重に出来ているのか、

 

道路中央を突っ込んできた。

 

 

 

⑤令和元年5月6日13時41分52秒(④の2秒後、同じ車)

 レクサスGS 黒 岡山334 〇 777(カルトナンバー)

f:id:Arktorous:20190506232046j:plain

路肩側に寄り切れないレクサスGS

 

 幸い、

 

チキンレースと謂うにはあまりに早いタイミングで、

 

路肩側へと回避してはくれたものの、

 

スピードはほぼ全く落とさず、

 

しかも路肩側へも寄り切れず、

 

といった具合だった。

 

 

 

ナンバー777な同車との遭遇で、

 

3桁以上の全桁同数字ナンバーとの、

 

同旧道区間での連続遭遇記録が更新された。

 

 

 

当方がこの旧道区間を通行する時間は、

 

1日の内、

 

片道3分×2回(往復)程度に過ぎず、

 

その合計6分間に、狙ったように3333や777、

 

2222、111といったナンバーが出現している寸法である。

 

 

 

ちなみに、仕事のない休日に、

 

脈絡なく突然思い立って、

 

普段運転しないような時間帯にドライブに出かけ、

 

この旧道を利用したりすると、

 

カルトナンバーはおろか、

 

赤い車の1台にも遭遇しなかったりすることは確認が取れている。

 

 

 

日頃の、

 

赤い車やカルトナンバーとの100%遭遇は、

 

当方の日常の行動ルーティーンを精査した上での、

 

嫌がらせアンカリング車両手配によるものと訝しめる。