自宅から400mの交差点

 令和元年7月30日火曜日の出退勤時に遭遇した車のリストアップ。

 

  旧道ルートを採用した同日の遭遇車両総数は、昼間22台(内、容疑車両5台程度)、夜間4台(内、容疑車両2台程度)であった。(「遭遇」とは、ナンバーの読み取れる形での、対向車両や先行車両、後続車両等との接近を指す。NAと書いている場合は、国道ルートを使うなどして遭遇車輌が多すぎ、数える意味を失ったこと等を表す。)

 

 同日の出勤時は、自宅から400mの件の交差点までに7台の車と遭遇、6台目、7台目として、アンカリング容疑塗色な青いトヨタ・ラクティスと、カルトナンバー・111な白いハイエースとを目撃した。同区間における、平成30年1月10日以来の、嫌がらせアンカリング容疑塗色ないしカルトナンバーの車両との連続遭遇日数記録が確実に更新された。

 

 自宅から400m走る間に遭遇するほんの6台程度の車の中に、毎日必ずカルトナンバーないし赤青黄の車が含まれるという、アンカリング的状況が、平成30年1月10日以来続いている。取りも直さず、僕の外出タイミング等が常に外部に知られ、待ち伏せされているという状況の存在可能性を意味する。

 

 

 夜間は、3kmの道のりで4台の車と遭遇し、1台は幅員の狭い場所でスピードを落とさず突っ込んでくる無礼な白いセダン、1台は信号無視で店舗駐車場に突っ込む黒いハリアー、1台は鬼門の信号交差点で現れたレアな赤い軽トラであった。赤い軽トラなどというレアな存在が現れること自体が訝しい。

 

  

 要するに、毎度のこと、1日1日の個々の事象を取り上げたところでなんということもないが、毎日なんらかの形で不自然な事象が続くとなって初めて、例えばこちらの居場所を常に特定しているというアピール、即ち精神的圧迫を感じさせよう等という、一定以上の攻撃的作為が見て取れる出来事が続いているのである。

  

 お暇な向きにおかれては、是非、連続した他の日の投稿同士を見比べていただきたい。僕が経験している、阿呆らしくも許されざるべき状況が理解していただけると思う。

 

ーーー〇ー〇ー〇ーーー

  

【訝しんでいる内容】

〈1〉自宅から400mの、交通量が格段に上がる交差点周辺に到達するまでの走行1分30秒程度の間に、8866、2226、・・・1、1111などのカルトナンバーの車や、その時々のアンカリング塗色の車、ググると赤いモノが画像検索できるナンバーの車、僕自身と関わりのある情報をググれるナンバーの車のコンビネーションと必ず遭遇する日々が、平成30年1月10日以来、毎日続いている。

 

    その区間で日々遭遇するほんの5~6台の車の中に、毎日必ずカルトナンバーやアンカリング塗色の車が含まれている。(1桁ナンバー等を含む4桁中3桁同数字ナンバーや赤青黄の車との遭遇が特に多く、ほぼ毎日遭遇している。ほぼすべて異なる個体である。不作為には起こり得ない現象。)

 

現在の主なアンカリング容疑塗色は赤色青色。五百数十日の歴史的に、黒→赤→赤&青と変遷。)

 

 〈2〉片道3㎞の出退勤ルート上の、道なり以外の進行方向、つまりは右左折が、基本的に袋小路に入り込むことにしかつながらない、県道や旧道の事実上の一本道区間に入ると、8888、・・・1などのあからさまなカルトナンバーや1199のような「赤」と関連のあるものを画像検索させるナンバー、もしくはその時々のアンカリング塗色の車の連続等と異常な頻度で遭遇する。

 

    そういった訝しい車両との遭遇が、平成30年1月10日以来、〈1〉の現象が異常にあからさまなレベルで起きた日を除けば毎日続いている。1日1日の、個々の現象を取り上げたところで何ということもないが、毎日続くとなると、一定の作為と策謀が見て取れるといった現象である。

 

〈3〉このブログの一連の投稿内容が、普段遭遇するカルトナンバーや車両塗色、出没地点の傾向に影響を与えているらしい。

 

ーーー〇ー〇ー〇ーーー

 

それでは、リストアップ開始。

 

⓪ 令和元年7月30日10時30分頃

   いつもの「死にナンバー」赤アクア。自宅前に登場。登場しすぎの訝しみ損ではあるが、赤いことに変わりないのでとりあえずリストアップ。

    トヨタ アクア 赤 岡山502 せ 4266f:id:Arktorous:20190730181454j:image

 

①令和元年7月30日13時48分11秒

 自宅集落出口で、同日最初の遭遇車両として、カルトナンバー・・22の白いハリアーSUVを目撃した。追いかけなければ、ナンバー詳細の読み取れない距離だが、追いかけなかった。

トヨタ ハリアー系 白 岡山3〇〇 〇 ・・22

f:id:Arktorous:20190730151716j:plain

・・22の白いSUV

 

 

②13時49分19秒

 自宅から400mの、件の交差点。この日も、S価三原色のひとつ、青色の車が現れた。平成30年1月10日以来続く、自宅から400m・走行90秒圏内での、カルトナンバーないしアンカリング容疑塗色の車との連続遭遇日数記録が更新された。

 トヨタ ラクティス 青 岡山502 そ 7570

f:id:Arktorous:20190730152001j:plain

青色のトヨタ・ラクティス

 

 

③13時49分21秒

 同じく、自宅から400mの件の交差点。青いラクティスに続き、カルトナンバー・111な白いハイエースが右折してきた。カルトナンバーな上に方向指示器を使わずに右折してきたので、運転手に一瞥をくれてやったら、20代男の運転手と、一瞬視線が合った。その視線は、なぜか急いで逸らされた。なにか疚しいことでもあるのか。なんにせよ、平成30年1月10日以来続く、同地点到達までにカルトナンバーないしアンカリング塗色の車と遭遇する、連続日数記録が確実に更新された。

 トヨタ ハイエース 白 岡山402 す ・111

f:id:Arktorous:20190730152318j:plain

・111の白いハイエース

 

 

④13時51分16秒

 ②の青いラクティスに続いてとでも言おうか、旧道区間中盤に、カルトナンバーでトヨタのマイナー車種な青い車が現れた。穿てるだけ穿って見れば、車種調べで時間を無駄に使わせようという魂胆を訝しむべきか。

 トヨタ カローラルミオン 青系 岡山301 ち ・345

f:id:Arktorous:20190730152651j:plain

・345の青系なカローラルミオン

 

 

⑤13時51分16秒

 いつもの、訝しい車が連発する仕事場町内。旧道区間最終盤。通勤ルート上3つ目と4つ目の信号交差点の間の区間。カルトナンバー777が現れ、最寄の某サービス業施設に、子供を降ろしていった。やたらとこちらを気にして、視線を送ってくる子供だった。訝しみ損ではあるが、3日連続での777との遭遇という観点に立てば、目的地があろうがなんであろうが訝しい。

 スズキ ワゴンR旧型 シルバー 岡山586 を ・777

f:id:Arktorous:20190730153002j:plain

777のスズキ・ワゴンR

 

 

⑥23時56分58秒

 帰宅時。出発地の仕事場から2kmの地点にある、この方向からであれば、自宅最寄りとなる信号交差点。信号待ちをしていたら、赤信号無視のカルトナンバーハリアーが鼻先をかすめて、右側の店舗駐車場へと入って行った。同夜3台目の遭遇車両。

 トヨタ ハリアー 黒 岡山338 ら ・600

f:id:Arktorous:20190731153416j:plain

・600の黒いハリアー

 

 

⑦23時57分07秒

 仕事場から2kmの信号交差点。存在自体に作為しか感じないタイミングで、かなりレアなはずの赤い軽トラが現れた。同夜4台目の遭遇車両。先週後半から、帰宅時に、赤い車が2日に1回のペースで現れている。2~4台の車としか遭遇しない夜中の帰路に、5割以上の頻度で真っ赤な車が現れる状況。アンカリング的作為しか感じない。

 軽トラ 赤 ナンバー 6287

f:id:Arktorous:20190731153930j:plain

ナンバー6287の赤い軽トラ

 

 

オマケ

 2001年の同時多発テロ発生当時、僕は、地元○察や日米マスゴミを巻き込んだ、世間ぐるみの集団ストーキング行為を受けながら、米国に滞在して5年目終盤を迎えていた。その時居住していた角地アパートをストリートビュー検索したところ、建物の前で赤い車が3連続しているのを発見した。

 

 脈絡はあえて省略するけれども、当時の状況にまつわり、今は亡き、全米で著名だったニュースキャスターP・Jが、同時多発テロ当日、「イリノイ州の日本人学生と、ニューヨークで起きている事件には、なんの関係もない。」などと、全米生放送中の特別番組内で口走ったのは、僕にとっては未だ記憶に新しいところだったりする。


f:id:Arktorous:20190730181157j:image