旧道はカルトナンバーの巣窟

 

今日は、

 

自宅から400m、

 

1分30秒圏内の一本道区間および、

 

もうひとつの一本道区間たる旧道の、

 

カルトナンバーないしは赤い車100%出現区間を中心に、

 

訝しい登場の仕方をした対向車等をリストアップする。

 

 

 (自宅から400m圏内、

 

1分30秒圏内の、

 

毎回ほんの4~5台程度の対向車としか遭遇しない、

 

住宅地内の、

 

事実上の一本道などにおいて、

 

2225のような、

 

2種類の数字で構成されたナンバーや、

 

8866のような、

 

ググると「赤色」と関わりがあるとわかるナンバーの車、

 

はたまた、

 

塗色そのものが赤色か黒色の車と、

 

平成30年1月10日以来、

 

外出する度に、

 

100%の確率で遭遇している件についてのブログである。)

 

 

 

 

①令和元年5月27日13時32分58秒(自宅から400mの地点)

プリウス 赤 岡山331 1093

f:id:Arktorous:20190529182910j:plain

1093の赤系プリウスその1

 

f:id:Arktorous:20190529182952j:plain

1093の赤系プリウスその2

 

 

 


 本日も又、

 

自宅から400m圏内にて、

 

赤い車と遭遇。

 

 

 

 ここ数日のブログで触れている、

 

400m圏内の出口がどこかわかった上で狙ったかのように現れた。

 

 

 

 しかも、

 

ナンバー1093の語呂合わせは「トグサ」。

 

 

 

 作為的なモノなら、

 

毎回毎回、

 

よほど攻殻機動隊プレイがしたいのか。

 

 

 

 また同日は、

 

出勤ルート上の2か所目の1本道区間において、

 

カルトナンバーが多発した。

 

 

②13時34分37秒(出勤ルート上の旧道区間入り口付近)

軽自動車 赤 岡山581 く 2121

 

f:id:Arktorous:20190529183036j:plain

2121の赤系の軽自動車



 

 

③13時34分50秒(旧道、一本道区間

三菱 軽自動車 白 岡山583 こ 3773 

f:id:Arktorous:20190529183109j:plain

3773のミツビシの白い軽自動車



 

④13時35分10秒(旧道、一本道区間

ダイハツ 軽ワンボックス 白 岡山481 み ・555

f:id:Arktorous:20190529183150j:plain

555の白いワンボックス軽自動車



 

⑤13時35分22秒(旧道、一本道区間

ホンダ 軽自動車 グレーメタリック 岡山584 う 2121

f:id:Arktorous:20190529183233j:plain

2121のグレーのホンダ軽自動車



 

 ↑「2121に先行されている状況で、

 

別の2121と対向する」の図。

 

 

 

⑥13時35分58秒(旧道、一本道区間

軽自動車 赤 岡山5〇〇 〇 3728

f:id:Arktorous:20190529183256j:plain

3728の赤系の軽自動車

 

 先行していた⑤の赤い軽自動車がわき道にそれると、

 

その前を先行していた車も赤系であると判明。

 

 

 訝しみ過ぎ感が否めないが、

 

2日連続で、

 

赤い車の2連続に遭遇したことになる。

 

 

 

⑦13時37分53秒(旧道)

タント 介護業者 白 岡山5〇〇 〇 ・・77 

f:id:Arktorous:20190529183330j:plain

・・77の白い初代タント



 ⑧13時37分58秒(旧道)

タントX 介護業者 白 岡山580 り ・・99

f:id:Arktorous:20190529183411j:plain

・・99の白いタントX介護業者

 

 

 ↑2連続で、

 

二桁ゾロ目の介護業者車両と遭遇。

 

 

 

⑨23時58分05秒(某H駅、駅前通り)

普通自動車 白 岡山3〇〇 〇 ・・66 

f:id:Arktorous:20190529183500j:plain

・・66の白い普通車



 

 

 仕事場に停めていた自車のエンジンをスタートして20秒、

 

駅前通りに出た途端に、

 

袋小路や踏切しかない北側から、

 

ドラレコカメラがご覧の通りの被写体ブレを起こす猛スピードで、

 

・・66の白い車が登場。(70kmは出ていた)

 

 

 

 昼間の・・77、・・99が、

 

昼間に遭遇した最後の2台であったために、

 

就業時間を挟んで、

 

3台連続で二けたゾロ目ナンバーと遭遇する形となった。

 

 

 

 また、

 

この車が同夜帰宅時の、

  

唯一の、

 

ナンバー読み取り可能な遭遇車両ともなった。

 

 

 

 

 タイミングを狙ってベタ踏みでもしない限り、

 

北端がたった数十メートルの位置にある直線道路である、

 

この道路のこの箇所を、

 

このスピードで南下する姿を、

 

僕に見せるのは不可能という意味で訝しい。

 

 

 

 

 本日の観察結果は、

 

偶然で片付くようなものばかりで、

 

なんとも自滅ルート的な分析とはなっているが、

 

とりあえず書き残しておく。

 

 

 

 

 同日の、

 

旧道区間での対向車の総数は22台。

 

 

 

 

 その内8台がカルトナンバーか赤い車であるというこの状況は、

 

同ルート上での経験則的に言って、

 

不作為の範囲を超えていると訝しめる。