毎日の最初の遭遇車両は微妙な黄色系

 令和元年7月6日土曜日の出退勤時に遭遇した車のリストアップ。

 

   同日の遭遇車両総数は、昼間35台(内、容疑車両13台程度)、夜間8台(内、容疑車両5台)であった。「遭遇」とは、ナンバーの読み取れる形での接近、対向車両や先行車両、後続車両等を指す。NAと書いている場合は、国道ルートを使うなどして、遭遇車輌が多すぎて数える気にならなかったことを表す。

 

 同日は、自宅から90秒、走行400mの件の交差点までに、10台程度の車と遭遇し、その内3台がアンカリング容疑車両であった。

 

 自宅から約100m、同日最初の遭遇車両は、黄色系の一種である、サンドベージュのスバルXVであった。今月に入ってから、自宅を出て最初に遭遇する車が黄色系な日は、これで早くも3日目である。そのほかの日も、最初に目撃する車は赤や青な訳であり、三原色をアンカリングされていると訝しめる。毎日の最初の遭遇車両は微妙な黄色系。平成30年1月10日以来の、自宅400m圏内での、嫌がらせ容疑車両との連続遭遇日数記録が確実に更新された。

 

  毎度のこと、1日1日の個々の出来事を取り上げたところでなんということもないが、毎日同様のアンカリングがなんらかの形で続くとなって初めて、一定以上の作為が見て取れる現象ばかりである。お暇な向きは是非、連続する他の日の投稿とも見比べて、僕が経験していることの法則性を読み取っていただきたい。

 

ーーー〇ー〇ー〇ーーー

  

【訝しんでいる内容】

〈1〉自宅から400mの、交通量が格段に上がる交差点周辺に到達するまでの走行1分30秒程度の間に、8866、2226、・・・1、1111などのカルトナンバーの車や、その時々のアンカリング塗色の車、ググると赤いモノが画像検索できるナンバーの車、僕自身と関わりのある情報をググれるナンバーの車のコンビネーションと必ず遭遇する日々が、平成30年1月10日以来、毎日続いている。

 

    その区間で日々遭遇するほんの5~6台の車の中に、毎日必ずカルトナンバーやアンカリング塗色の車が含まれている。(1桁ナンバー等を含む4桁中3桁同数字ナンバーとの遭遇が特に多く、ほぼ毎日遭遇している。ほぼすべて異なる個体である。不作為には起こり得ない現象。)

 

現在の主なアンカリング容疑塗色は赤色青色。500日余りの歴史的に、黒→赤→赤&青と変遷。)

 

 〈2〉片道3㎞の出退勤ルート上の、道なり以外の進行方向、つまりは右左折が、基本的に袋小路に入り込むことにしかつながらない、県道や旧道の事実上の一本道区間に入ると、8888、・・・1などのあからさまなカルトナンバーや1199のような「赤」と関連のあるものを画像検索させるナンバー、もしくはその時々のアンカリング塗色の車の連続等と異常な頻度で遭遇する。

 

    そういった訝しい車両との遭遇が、平成30年1月10日以来、〈1〉の現象が異常にあからさまなレベルで起きた日を除けば毎日続いている。1日1日の、個々の現象を取り上げたところで何ということもないが、毎日続くとなると、一定の作為と策謀が見て取れるといった現象である。

 

〈3〉このブログの一連の投稿内容が、普段遭遇するカルトナンバーや車両塗色、出没地点の傾向に影響を与えているらしい。

 

ーーー〇ー〇ー〇ーーー

 

それでは、リストアップ開始。

 

 

①令和元年7月6日12時12分58秒頃

 自宅から100m弱の地点。同日最初に遭遇した車が、S価三原色の一角、黄色系のスバルだった。7月に入ってから6日間。自宅を出て最初に遭遇する車が黄色系なのは、実に3日に上る。平成30年1月10日以来の、自宅から400m、走行90秒の圏内における、アンカリング容疑車両との連続遭遇日数記録が更新された。

 スバル XV 黄色系 サンドベージュ 岡山353 ゆ 1212

f:id:Arktorous:20190706173636j:plain

1212で黄色系のスバルXV

 

②12時13分48秒

 1010と1107に遭遇した。1010は言わずと知れたカルトナンバー。一方、1107というナンバーは、僕にとって潜りアンカリングナンバーである。昼夜問わず度々訝しいタイミングで訝しい場所に登場していて、怪しい車両として頭の中にリストアップしている車の筆頭として、赤い1107がいる。「1107を見れば赤と思え」である。

 日産 ティアナ 白 岡山338 な 1107 (中央)

 トヨタ 30系 プリウス 黒 岡山368 と 1010 (右)

f:id:Arktorous:20190706174222j:plain

1010の黒い30系プリウス

 

 

③12時14分11秒

 ベージュのXV、潜りアンカリングナンバー1107の潜り赤、この青いラパン。

 潜りで、僕にだけ見える形で、三原色完成。

 スズキ ラパン 薄青 岡山581 こ 9000

f:id:Arktorous:20190706180409j:plain

9000で薄青のスズキラパン

 

 

④12時14分54秒

 「車種名の分からない青い車を見たら訝しめ」ってじいちゃんの従弟が言ってたから記録。(嘘

 スズキ 車種名不明 青 岡山501 た 1779

f:id:Arktorous:20190706174702j:plain

青いスズキ

 

 

⑤12時15分37秒

 4桁中3桁同数字ナンバーが、対向から後続へ追い付いてきた。ただリストアップするのみ。

 トヨタ ヴォクシー 黒 岡山502 せ 1411

f:id:Arktorous:20190706174934j:plain

1411の黒いヴォクシー

 

 

⑥12時16分13秒

 昨日無礼だった車と同じ55。

 三菱 eKワゴン 黒 岡山793 ゆ ・・55

f:id:Arktorous:20190706175215j:plain

55の黒い軽

 

 

⑦12時16分41秒

 ダイハツ ムーヴ 白 岡山583 よ 5252

f:id:Arktorous:20190706175730j:plain

5252の白いムーヴ

 

 

⑧12時17分05秒

 アルファードとカルトナンバーは親和性が高いらしい。同じような場所で白いアルファードのカルトナンバーと遭遇する日が続いている。

 トヨタ アルファード 白 岡山317 み 1001

f:id:Arktorous:20190706175852j:plain

1001の白いアルファード

 

 

⑨12時17分42秒

 キャスト 赤系 薄ピンク 岡山583 を 4141

f:id:Arktorous:20190706180546j:plain

4141で赤系なキャスト

 

 

⑩12時18分18秒、12時18分21秒

 赤い車やら、黒い車やら、カルトナンバーやらの古い車の連続が出現しやすい、魔窟のような信号交差点。この日も黒いカルトナンバーが連続した。単にこの界隈の民度が低いだけなのか、アンカリング仕込みなのかは不明な部分も否めない。なんにせよ、ここまで30台程度の車と遭遇するうちに、合計10台ものカルトナンバーと遭遇していること自体、不自然である。

 ミラココア 黒 岡山781 も ・・・6

f:id:Arktorous:20190706180744j:plain

・・・6の黒いミラココア

 タントカスタム 黒 福山586 う 7000

f:id:Arktorous:20190706181132j:plain

7000の黒いタントカスタム

 

 

⑪12時09分19秒

 対向できるだけの幅員がない場所なのに、頭の悪い黒いタントが突っ込んできた。画像中央奥に小さく写っているが、意地でもこちらを直進させないという意気込みを感じるスピードで突っ込んできている。どっちにしろ左折するつもりではあったが、その意図を、この車のドライバーが事前に知っていたことが訝しめる。

 ダイハツ タント 岡山581 こ 8452

f:id:Arktorous:20190706181420j:plain

黒い馬鹿タント

 上の黒い馬鹿タントを避けて左折したら、その先の、やはり対向できるだけの幅員のない路地で、訝しい対向車が出現した。そんなに交通量のない、仕事場直近の町内でもあり、両方とも訝しい。連携して、神経質さを刺激しようとしたか?

 マツダ デミオ 白 岡山502 と ・・36

f:id:Arktorous:20190706181555j:plain

・・36の白いマツダ

f:id:Arktorous:20190706181803j:plain

・・36の白いマツダ(バックカメラ)

 

 

 

ーーー〇ー〇ー〇ーーー

 

 

 被害者仲間と、ツイッターで、「他県ナンバーとの遭遇回数が以上に高い日がある」という趣旨の会話をした直後のこの日、旧道一本道区間の入り口直前・出口直後の両地点で、姫路ナンバーの白いSUVと遭遇した。どうやら、同夜は白いSUVをアンカリングされたようである。

 

 

⑫23時27分27秒

 仕事場ガレージを発進して25秒後、最初の遭遇車両として、姫路ナンバーの白いSUVなカルトナンバーと遭遇した。

 SUV 白 姫路343 〇 ・101

f:id:Arktorous:20190708153455j:plain

101の白いSUV

 

 

⑬23時28分55秒

 同夜2台目の遭遇車両として、レンジローバーと思しき、倉敷ナンバーの白いSUVと遭遇した。

 レンジローバー? 白 倉敷336 〇 ・・14

f:id:Arktorous:20190708154009j:plain

倉敷ナンバー・・14な白いSUV

 

 

⑭23時29分11秒

 同夜3台目の遭遇車両は、塗色もナンバーも、7月3日分のこのブログを読んだ上でアレンジされた嫌がらせを訝しませる、ナンバー509の青い軽自動車であった。米軍原爆投下部隊の部隊番号である509。このナンバーの車が、僕の大学時代の学籍番号と関わりのあるナンバー530と同時に現れたことを、7月3日分のブログで書いたばかりである。同じ500番台のナンバーであり、同じ系統の統監、同じ個人のアレンジが感じとれる所以でもある。なんにせよ、毎晩のアンカリング容疑塗色、S価三原色との遭遇日数記録が更新された。

 軽自動車 青 岡山583 〇 ・509

f:id:Arktorous:20190708154759j:plain

509の軽自動車

 

 

⑮23時30分03秒

 同夜4台目の遭遇車両もまた、白いSUVであった。

 SUV 白 ナンバー1170

f:id:Arktorous:20190708154920j:plain

1170の白いSUV

 

 

⑯23時30分36秒

 同夜5台目。赤青黄の三原色をカラーバリエーションに持つ製品をググらせるナンバーと遭遇した。

 軽トラ 白 ナンバー 3310

f:id:Arktorous:20190708155242j:plain

3310の白い軽トラ

 

 

⑰23時30分59秒

 やってるのかやってないのか分からない、つぶれないのが不思議な某系列店舗の前に、バックドアの開いたコンパクトカーと、パトカーが停まっていた。

 パトカー ナンバー9488

f:id:Arktorous:20190708155502j:plain

ナンバー9488のパトカー

 

 

⑱23時31分26秒

 同夜8台目の遭遇車両が、同夜2台目の姫路ナンバー、同夜2台目のレンジローバーであった。8台のうち、2台が姫路ナンバー、2台がレンジローバー、4台が白いSUV。日々の状況からして、アンカリングを訝しんで当然。

 

 ナンバーは530。530が509と同じ夜に登場するのは、7月3日以来2度目である。さらにしかも、530については、僕の大学時代の学籍番号に関係のある番号であることを、7月3日分の当ブログに書いたばかり。

 

    内容自体はどうでも良いが、当方の帰宅ルートとタイミングが完全に把握されている可能性が、当然の帰結として感じとれる点において、非常に訝しい。

 

    1日1日の個々の現象を個別に拾い上げてもなんということもないが、毎日同じような目に遭えば、チリツモで強制尾行を感じ取れる遭遇車輌ばかりである。

 レンジローバー 白 姫路337 ろ ・530

f:id:Arktorous:20190708160207j:plain

ナンバー530で姫路ナンバーな白いSUV