三晩連続最後がタクシー&3333白アルファード

今夜23時台の帰宅時。最後から2番目の遭遇車が、3333の旧型白アルファードでした。後部ナンバープレートを照らすランプが片目という、くそダサい"仕様"です。前夜に怪しい右折遅延車のいた、自宅まで1kmの信号交差点で先行位置に入るようなタイミングで現れ、やはり前夜の遅延車と同じく、右折でスムーズさに欠ける動きを見せました。今夜の同車のその非スムーズさは、ナンバー見せつけ目的かも知れませんが。

 

また今夜は、自宅まで500mほどの地点に現れた対向車がタクシーだったので、三晩連続で最後の遭遇車がタクシーであるという状況が生まれました。はっきり、普段はそんなにタクシーの多い道ではありません。

 

翌週月曜日追記:

この記事に、土曜日夜中の時点で、「はっきり、普段はそんなにタクシーの多い道ではありません。」と書いたことにあてつけるように、翌週月曜日昼間、同地点付近に2台ものタクシーが現れました。この頭の悪さは、やはり強制尾行徒党でしょうか。業界的連帯をそのまま嫌がらせの連携に持ち込めるような、そういう知能の低さを感じます。