青に始まり青に終わる

    今夜の帰宅は、最初の遭遇車も最後の遭遇車も、このブログの日頃の指摘に当て付けるように青色でした。出勤時の最初と最後の遭遇車が両方赤色だったその日にです。

 

    自宅まで300m程度の地点に現れた、広島ナンバーな最後の対向車はメタリックな濃い青で、余程ナンバー詳細等を読み取られたくなかったらしく、中央線のない道路をこちらが時速20キロ台で進んでるのに、体感相対60キロは出してすっ飛んで行きました。

 

    直角カーブがいくつかあって、地元民は無駄にアクセル踏んだりしない区間です。集団ストーカーなカス、集カスのカスさがよく現れてます。